あるもので温野菜サラダ

冷蔵庫の整理も兼ねて、茹でるだけのサラダです。
ブロッコリー、にんじん、えんどうを好みの固さに塩茹でし、残った湯は捨てずにプチトマトを入れ湯剥きします。
プチトマトはヘタをとり、反対側部分を爪楊枝などで刺して穴をあけておくと皮が剥きやすくなりますよ。
盛り付けたら、マヨネーズやドレッシングなど好きなものをかけて食べましょう。
大根やジャガイモ、たまねぎ等々ちょっとだけ残ってしまっている野菜など、温野菜サラダにしてみましょう。
ホタテ貝風かまぼこがあったので、それをトッピングしてみました。


【栄養相談】健康的に太るには?

知人から栄養に関する質問がありましたので、載せてみたいと思います。

Q/私は体質なのかなかなか太ることができず、先日健康診断でももう少し太るように、と注意されてしまいました。

友人や家族に会うと「ちゃんと食べてるの?」と心配されることが多く、自分でも少し気になっているので、ジャンクフードなどに頼らず、もう少し健康的に太りたいと思っています。

どのような食生活をすればよいでしょうか?

36歳 女性 会社員

A/世間的にはダイエットブームで、痩せたいという相談はよくいただきますが、一方でなかなか太ることができないという方もいらっしゃいます。

相談者様は一人暮らしで、残業が多いと伺いました。

実のところ、相談者様の食生活、毎日の食事の様子を最低でも一週間単位で拝見してみないと、きちんとした対策を立てることができません。理由は相談者様の痩せている原因がご本人の新陳代謝の良さによるものか、食事に問題があるものなのかが判断できないためです。

一般的には、食べて(特に糖質、脂肪の多いもの)寝ていれば太るというような暮らしぶりが一番の肥満への近道なのですが、しかしこれでは健康にはほど遠い太り方になってしまいます。

まずご自分の標準体重を計算してみましょう。

22×身長(m)×身長(m)たとえば身長が155cmの方は22×1.55×1.55ということになり、適正な体重は52.9kgくらいということになります。

次にBMIを計算してみましょう。

体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)} ですので、上の数字を当てはめると52.9÷{1.55×1.55}となりBMIは22になります。この22というのはいわゆる基準値ですので、いろいろな計算式のもとになります。

日本ではこのBMIの値が18.5~25未満が普通。18.5未満が痩せ、25以上が肥満とされています。

最近は肥満はかなり問題となっており、ダイエット方法などは沢山紹介されていますが、太る方法はなかなかわかりづらいというのが現状です。

上にも書きましたように、相談者様の日頃のお食事の様子がわからないため、はっきりとした事は申し上げられませんが、まずきちんと3食バランスよく決まった時間に食べるということをお勧めいたします。

残業で夕食時間がまちまちになり、抜いてしまわれそうなときには、お近くのコンビニなどでお惣菜やおにぎり、サンドイッチなど、また簡単に食べられそうなものを買い置きするのも一つの方法です。朝も何かしら必ず口にするようにしましょう。

忙しく「とても食事なんて・・・」と思われるでしょうが、ヒトは食べ物で生きているのです。

それと、たしかに添加物の入っていないもの、手作りのものは体にいいでしょう。

でも、食べないことにはお話にならないのです。

忙しい時間の中で、買ったものに同じお金を使うのなら、菓子パンではなく野菜や卵のサンドイッチ、おにぎりだけでなくサラダやゆで卵も一品付け加えるなど毎日の食事をちょっとひと工夫してみませんか。

若い女性は貧血や出産、高齢になってからのことも考え牛乳や乳製品も食べましょう。おやつにはお菓子ではなく、プルーンやナッツ、小魚などがおすすめです。

*****

ブログ「ばばりんち」では、ちょっとした栄養相談を行っております。

痩せたい、太りたい、持病がある…などなど。

病院などに行って相談するのは気が引けるけれど、気になるな…というような相談がありましたら、「お問合せフォーム」又は「メールアドレス」でご連絡ください。

その際、年齢、性別の他、お仕事やライフスタイルを教えていただけましたら、より正確な回答に近づけるかと思います。

名前や詳しい職業やライフスタイルに関しては、非公開。相談料などは無料とさせていただきますが、ブログで相談内容を掲載してもいいという方、お願いします。


私が栄養士になろうと思った理由

「ご挨拶」にも書いたとおり、私は50歳後半で栄養士になることを決意し、大学に入学しました。

なぜそんな年になって大学生?
なぜ栄養士に?
普通、孫の世話をしてる年じゃない?

ときっと思われることだと思います。

栄養士になろうと思ったきっかけ。
それは夫が病気で手術をすることになったことです。

夫はかなりの肥満体。
なんと当時120kgもありました!!

手術をするにあたって、主治医から言われた言葉は

「今の体重のままでは手術はできません。3ヶ月で30kg痩せさせてください!」

でした。

そんなことを急に言われても、そう簡単にできるはずはありません。

そこで病院の栄養士さんの指導もあって、はじめたことは徹底したカロリー計算でした。
1日に1200kclを厳守して、栄養バランスやご飯の量を調整。
できる範囲での運動など。

2013_01020001【ダイエットの頃の おせち料理】

正直言って、カロリー計算など慣れない上に細かい作業も多く、かなり大変でしたが努力の甲斐あって、夫は無事30kg痩せることができ、手術も成功しました。

<つづく>


はじめまして

はじめまして。
ばばりんと申します。

59歳で栄養士を目指して大学に入学。
61歳で無事、栄養士資格を取得して卒業することができました。

ハンドルネームの由来は、2人の孫がいて「ばばりん」と呼ばれているところからつけました。
ブログの名前「ばばりんち」は、ばばりん(私)の家という意味です。

そんな少し変わった(?)経歴を持つ私の学校で学んだこと、栄養やダイエット、健康に関することや料理のことなどをこのブログに書いていきたいと思います。

気が向いた方は、おつきあいいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。